鍋島松濤公園 <東京都渋谷区>

松涛美術館で公募展を観賞した帰りに、迂回して近くの鍋島松濤公園を散策した。江戸時代には付近一帯は紀州徳川家の下屋敷だったそうだ。
現在、渋谷区で数少なくなった湧水池を周遊。こどもたちが元気に遊んでいた。トイレも景観に気配り(木配り)されていて、探したが気(木)づかなかった。

                 松濤二丁目10番7号
鍋島松濤公園(なべしましょうとうこうえん)

 鍋島松濤公園の付近一帯は、江戸時代には紀州徳川家の下屋敷でした。明治時代になって、その跡地を購入した鍋島家が、士族授産(じゅさん)のために開いた茶園につけた名称が松濤園でした。松濤とは茶の湯のたぎる音から出た名で、この銘のお茶を生産していました。それがもとになって、昭和三年(一九二八)にこのあたりの松濤という町名が生まれました。
 松濤園のなかにあった、池を中心とするこの一画が現在の松濤公園です。大正十三年(一九二四)に鍋島家が児童遊園地としての施設をつくって公開した松濤遊園地が、昭和七年(一九三二)十月に東京市に寄附され、昭和九年から渋谷区の管理に移り、戦後に区立の公園となりました。
 かつて渋谷区内には、数多くの自然湧水地がありましたが、開発などにより著しく減少してしまいました。
 松濤公園の池は、数少ない湧水地として貴重であると同時に、池の周辺には昔ながらの面影が残されています。
                   渋谷区教育委員会


2022年2月23日
東京都渋谷区松濤2-10-7






IMG_7089_1500.JPG


IMG_7090_1500.JPG


IMG_7091_1500.JPG


IMG_7092_1500.JPG


IMG_7093_1500.JPG


IMG_7094_1500.JPG木配りされたトイレ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック